2014年04月20日

え?4カ国語喋れるの?嘘でしょ?

 
 とある喫茶店で友人と話をしていた時の事だった。ボクがその友人に「タイミングを見計らって語学を発信していこうと思う。」というと彼は「語学?う〜ん難しいと思うよ。英語喋れるのは知ってるけど英語できる人っていっぱいいるしねえ」と言ったので「いや一応4カ国語喋れるんだよね。」というと彼は目を丸くして。。。

 「えっ?4カ国語喋れるの?嘘でしょ?」

 と言って来た。まあ彼がそういうのも分かる。ボクは周りの友人や昔らの知り合いにはただのフリーターとしてしか見られていない。そして実際のところフリーターなのだ。彼になぜボクが4カ国語も喋れるようになったのかを話したら「いや〜そんなやり方があるとはねえ。画期的だ。」などと驚いていた。

 そう彼が驚くのも無理は無い。あなたはどっちがいいだろうか?英語だけしか教えられない先生と英語を含めて4カ国語喋れる先生と。もちろんそんな事考えなくても4カ国語喋れる先生から習いたいはずだ。もうここで語学の教師としてのレベルに差別化が起こっている。

 コツを掴まないと普通4カ国語なんて習得している時間もお金もないのだ。しかしボクはこっそりやってしまったのだ。今ここでぶちゃけトークを書いてしまいます。今この記事を読んでいる人は今日は超ラッキーだと思ってください。今から多くの人が知らない事実を暴露します。

 まずみんな語学の習得が「勉強」だとおもっちゃってるという事です。語学は勉強じゃないんですよwww 良く考えてもみてください、今あなたが喋っている日本語を日本語として勉強した事はありませんよね?勉強じゃないからです。それは「必要性」にかかってるから「当たり前」に吸収しているんです。ボクはいろんな外国人と接しているうちに必要性に応じてネットで調べたりそこら辺にある英語で書かれている簡単に読める本を買ったりしました。「英語を勉強する為の教材」ではなく「英語で書かれている書物」を買ったんですね。

 はっきりいって教材を買うよりもその言葉で書かれている簡単に書かれている本を買った方が断然に安上がりだし生の英語をそのまま吸収できます。多くの人がそこに気づいていません。単語ならその「本物」の世界から辞書などだけで調べてしまえばいいのです。しかも今ではネット上で調べると「発音」までしてくれます。だらだらと教材を勉強してこれでどれくらいレベル上がったんだろう?などと考える必要性などまずないのです。

 なのでボクも「必要性」があり「当たり前」だからいつの間にペラペラになっていたという話です。実はこの視点の違いで行き着く先が違います。勉強で「取得」しなければならないなどと思っている人は根本的に語学を勉強だと思ってしまっています。語学が「武器」だとか語学があればいいなどと思って勉強します。究極の話。。。。言語というのは勉強しなくても喋れるようになれます。

 一瞬「はっ?」と思われるかもしれませんがその事例を話します。多くのフィリピンの人は英語勉強していないのに喋れています。なぜでしょうか?フィリピンに行くと分かるんですがフィリピンには多くのアメリカ人が住んでいたりアメリカ人観光客が圧倒的に多いのです。そういうアメリカ人の相手をしているうちに喋れるようになっていきます。

 ここで何が言いたいのかというと極論、必要性がそこまでないのに勉強しなくていいんじゃない?と言いたいのです。実際に必要性が出て来てからそれに応じて語学に接した方がいいです。もし海外留学などを考えて今から勉強するぞ!などと思っている人は、もう留学に行っちゃうべきだし、何よりも喋れるようになった後どうするか?を考えるべきです。あなたが喋れたあと何をどうしたいのかという確実な理由がないと本当にただの「趣味」や「自己満足」で終わります。

 すごく多くみられるパターンがたくさんのお金と時間を使って「英語」を勉強したあとそれがなんにもなっていないし有効活用化されていないという事です。これこそまさしく「とりあえず喋れるようになりたい」「とにかく格好いいから」という動機不純な浅はかな考え方だと思っています。少なくとも今この記事を読んでいる人にはもっと深く考えてから語学に接した方がいいと思っています。



posted by 世界放浪異端児BS at 15:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 語学について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

語学について


 ボクは文字通りの「世界放浪者」だ。そして英語、中国語、広東語、タイ語などを「普通に」しゃべれる。嘘だと思われるかもしれないが本当だ。自分はただの世界文化を楽しむ「世界放浪者」ではない。20代は語学の壁を次々と打ち破ってきたのだ。30代になってその「語学の壁」が「お金の壁」に変わっただけだ。だけどまた近いうちに語学の世界に戻り動画も出したいと思っているので興味のある人は学んで欲しい。特に日本人の語学に対しての壁はあまりにも大きすぎる。

そして今新たに手をつけようとしているのが「フランス語」だ。実はフランス語の後は「スペイン語」も勉強したいと思っている。なぜ自分はこんな事をしているのか?ボクは近い将来この「語学」というのがどれほどパワーがあるのか伝えて行きたいと思っているからだ。基本的に、英語、中国語、フランス語、スペイン語を制覇すれば世界の5大陸全て制覇できるから世界情報通になれる。

 ボクは大きなメディアの力を使わず個人で世界情報を発信し続けたいと思っているしそれが自分の望んでいる事だ。あなたが今このブログを見ているのは偶然じゃないし今世界は完全に急速なグローバル化で日本はそのスピードについていっていない。これは事実だ。日本は今衰退して世界のスピードについていっていないからなんとしてもこの「語学」の壁やら「海外観念」を変えなければいけない。

 もっとわかりやすくいうなら日本は「カゴの中の鳥」だ。外には自由と羽ばたける広さがあるのに出ようとしない。ボクがこんな事を言えるのは海外に精通しているし異文化をことごとく吸収しているために知っているからだ。ボクは従来通りの事柄に執着するよりも新しい事柄を歓迎する。新たな改革、新たな知識、新たなアイディアを吸収し前進する。ボクがもし10年前に立ち止まっていたら今のボクはありえない。

 自分自身が他の人たちと「差別化」できるのは自分を改革し続け成長し続けたからだと思うし周りの人には今の自分と10年後の自分はほとんど違う人間であることを理解して欲しい。多くの人が「改革」を望んでおらず基本は無難な道を歩むからその違いがよく分かっていないようだ。「改革」というのは危険を伴うが危険をおかさない改革などありえないのだ。そして「改革」というのは文字通り改革なので全く新しい自分に出会うし今迄とは違うありえない世界が広がるのだ。アクションを起こすのはもちろんリスクを背負うという事だ。

そのままは「楽」だし「簡単」だ。しかし大きな成長は絶対にありえないしそのままで生きている事は池の中のコイと一緒で安全かも知れないけど外の世界を知らないままそこで死ぬだけだ。その事をよく覚えておいて欲しい。

posted by 世界放浪異端児BS at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。