2014年03月30日

最終的に成功する人とそうでない人の違いには秘密がある?


 実は成功する人って1つの道で何かを「極める」動きをしています。そしてそれに必要な要素は間違いなく「継続」できる人です。逆に継続できない人はいろんな事をして最終的にいろんなことが出来るのですがどれも中途半端に出来ます。中途半端にできるぐらいのレベルってそんなに高いレベルではないので本気でやっている人にあっさりぬかれてしまうでしょうし周りの人にそこまで信頼してもらえないはずです。

  1つの分野で成功している人というのは他の分野でも成功出来るだけの力があります。それは「継続」して1つの事を集中してやる能力があるからです。秘訣は、、、その分野で差別かがどれぐらい計れたかによって抜出た存在になりえます。誰かがあなたよりずっとその「何か」を理解しており精通しているならその「何か」に関してはその人の事を信頼できますよね? でも本当の成功とはそれだけの要素ではありません。それは仕事の成功だけの話です。

  人間的な成功も関わってきます。いくらその1つの分野で抜け出ているからといって人間的に信頼されているかどうかは分かりません。なので本当の成功というのは周りの人からの人間的評価が高い人です。自分の意見ばかりいってあなたの話をきかない人の話をきこうとはあまり思わないはずですし自分が「偉い」と思っていて人を見下している人は周りに気づかれるでしょうしちょっと遠くから見ている人たちからは尊敬的なまなざしで見られていたとしても個人的な人間的信頼が非常に悪い可能性は高いです。

  例えば、ある有名になった男性が何千人の人たちの前で立派な講演をしている時、彼の奥さんは会場の席に座っていました。奥さんの隣の人が奥さんに「あなたの旦那さんは本当に立派な方ですね。こんな旦那さんをもってあなたはしあわせな人ですね」といったところその奥さんは「あそこに立っている人をわたしは知りません。」と答えたのです。これが仕事で成功していても個人的人間関係が全然成功していない例です。これは人生の成功者ではなく仕事だけの成功者です。
 
  世間一般で言われる「この人は成功した人だ」と言われるのは「仕事」と「人間関係」が良好でそのバランスが上手くとれるスキルと知恵のある人ではないでしょうか?あなたは意識的にバランスをとる知恵とスキルを学ぶ必要があります。これは誰でも時間をかけて学ばなければ得られないものです。今成功している人生を歩んでいるといえる人はそれを確実に学んだ人であり学び続けている人です。行き当たりばったりでは絶対に向上しませんし成功とよべる人生にはなりえないです。もしあなたがいきあたりばったりの人生を送るなら回転するかごを走り続けているハムスターとさほど変わらない人生を送る事でしょう。
  


posted by 世界放浪異端児BS at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の成功者とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。