2014年04月03日

なぜ 最近ベトナム株を全売却したのか?


2014年4月の今現在ベトナムの株市場(VN index)はおそらくピークだ。過去10年間のベトナム市場の総合指数チャートを見てみたら分かるがだいたい600ぐらいがピークになっては落ちるを繰り返している。だから今回もその波が来ているので自分はこの600という数字に至る前に大胆にも株の利益を確定するために全売却をした。

 ピークに近づいてからもう2ヶ月ぐらいになるだろうか?いったん600を越えて今ちょっと580で下向きトレンドに変わった感が見受けられ自分が売却した2つの銘柄の株価はやはりピーク時より落ちている。まさに予想的中。上がりがあれば必ず下がりがある。株市場の鉄則は基本的に「上がれば必ず下がる」ということだ。いつまでも上がる可能性にかけていてはダメだ。だからボクは大胆にもピークに達する前に全ての株を売却した。

 そしてなぜ市場がピークだというのにまた株を買ったのか?本当はベトナム10年国債を買うつもりだった。これは結構前から500万円突破したら「ベトナム国債」を買おうと思っていた事なのだ。だがベトナム国債の利回りは落ち続けて現在「8.6%」の利回りとなっていたのだ。確か2年程前までは14%も利回りがあったのにだ。。。この1、2ヶ月こんな市場のピーク時に買える株はないかと真剣に探していた。

  国債は国が崩壊しない限り確実に同じ利回りを出し続ける。国がどんなに不況に陥っても「国」が保証し一定の額を毎年出してくれる。しかし大きなデメリットはもっと短い時間で資産が増えて行く可能性を完全に失うことにある。でも自分にとってはそれでも良かった。8.6%での利回りが確実ならそれも魅力的だ。

  しかし国債を買う前に気づいてしまった。この「銀行株」は「国債」以上に魅力的だと。なぜか?それは国有の銀行だからこれもまた国が崩壊しない限りこの銀行は絶対潰れない。だということは安全性では国債と同等レベルだ。そして利回りも今年8%から9%の間で配当金が出る予定だしそれと同時に「株主割引購入権」を使って15%以上の当銀行株を買える見込みだ。さらに今ベトナム国債を買うとしたら実際利回りが発生するのはちょうど購入した日から数えて1年たった時だが「銀行株」の場合今年中に「配当金」「株主割引購入権」が発生する見込みだ。



posted by 世界放浪異端児BS at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

どうしてベトナム株なのか?


 ボクはもともと香港の株式市場で株の売買をしていたが途中で全売却しベトナム株に乗り換えた。なぜそんなことをしたのか?それはたくさんの「金持ちになる為の本」を読んでいるうちに気づいたのだ。世界中の個人投資家はベトナム株市場に注目している。それにはわけがある。

ベトナムは素晴らしい可能性をもっている。次のような事だ。。。。「地理的有利性」「若い労働人口の多さ」「勤勉な国民性」「中国の近隣国」そして経済的に多くの国から投資支援されている。なのでこれから経済が発展して行く要素を全て持ち合わせているのだ。

  それで2012年ボクは決心した。「ベトナム現地で証券口座開設をしてベトナム株を購入する!!」ベトナムという新興国が気になってしょうがなくなったし投資というのは先にやってしまったものの方が最終的に大きな利益を得る事になるのだ。だからもういくしかなかった。時期的にも株式市場がこれからアップトレンドに変わろうとしている雰囲気があったのだ。ボクの読みは当たった。まさに買ってから2年程で株式市場指数
(VN index)は490から600に伸びていったのだ。

   そしてベトナム市場ではまだまだ「株の配当金」や「お宝株」がごろごろしている。香港市場や日本市場よりずっと魅力的な事は間違いない。そしてこれから経済発展の余地が残されているのだ。投資しないのはまさに機会損失。だからみんなにもそれが分かって欲しい。株式投資は「タイミング」なのだと。タイミングがずれているなら逆に全く投資しない方がいい可能性だってあるのだ。



posted by 世界放浪異端児BS at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナム証券口座開設 (2012年2月香港〜ハノイ陸路の旅)

今回、香港からハノイを陸路で挑戦。気合を入れて1ヶ月程前からネットや他人のブログなどを調査し念入りにプランを練って準備をしました。 結果から言うと、交通費は陸路往復で約HK1500で香港を夕方に出発すれば次の日の夜までにはハノイに着けちゃいます。

そして今飛行機賃をしらべると一番安いのが香港エクスプレスでHK−ハノイ往復チケット代はHK2486多分税込み価格だと思うけど実際HK1000ぐらいの差がある。税抜きだと考えたらHK1500ぐらいの差はある。陸路で行く価値は充分あるのではないだろうか?・・・・

ハノイ旅行の次の動画もアップしました。
Hanoi trip part 1 -> http://youtu.be/XC_ZX3Kd6Tw
Hanoi trip part 2 -> http://youtu.be/8xbj1CXjGEQ

え?たいした差じゃないから飛行機で行くって?おいおいちょっと待ってくれ君は金銭感覚ゼロか?チキン・フォーに換算すると現地でちょうど100杯分食べられるんだぞ。考え直せ!
img_14.jpg
HKチムサッチョイ東からMTRで罗糊迄そしてそこから深セン地下鉄で清湖駅迄

img_0.jpg
深センの龙华汽车站2012年2月7日夜9時出発

深セン地下鉄の赤い線の最終駅・・・清湖駅まで行ってそこから徒歩10分ぐらいの所にこの長距離バス停留所がある。ナンニンまで10時間で280元。。。。。今年は旧正月が1月22日〜25日と早めでその為1月中はナンニンまで450元とかなり高騰していた為ちょっと終わって間もない頃に行こうと思っていた。本当は2月末まで待っていれば完全に元の値段に戻っていたと思うが......   

img_1.jpg
南宁nanning到着 朝7時半頃

そして8時30分頃今度は、また同じところからバス(75元)で凭祥pingxiangへ向かう。
バスの運転手は2時間半で着くと言っていたが実際は3時間ぐらいかかったと思う。

img_6.jpg
凭祥pingxiangに到着そしてすぐバイタク(30元)に乗って友谊关youyiguanへ向かう

っていうか凭祥pingxiangの中にすぐ友谊关youyiguanがあるのかと思っていたがバスに降ろされた所から結構バイタクで走ったと思う・・・多分20分ー30分ぐらい・・・・そりゃあそうだは30元もするんだもんな。このおっさんによれば、前は結構外国人が中越国境をよく越えていたけど今はほとんどいなくなったらしい。

img_7.jpg
これがうわさの友谊关か。。。他人のブログであった写真の通りだった

とりあえずここが中越国境でここをくぐれば向こうはベトナムか・・・・・・この中で両替の人たちが10人程うろついていてそのうちの何人かが時折声をかけてきた。レートは、意外に普通だったので少しだけ換えておいた。

img_8.jpg
国境越えてすぐに遊園地にあるようなミニカー(1万ドン)に乗ってバス停留所まで・・・3分 


img_9.jpg
このバス(75元)に乗って直通でハノイ市街まで(5時間)

ブログ知識でいくと、いったんここからバスでランソンまで行きまたそこからハノイの長距離バス停留所GiaLan Stationまでいくはずだった。まさか直通があるとはラッキーだ。

           
img_10.jpg

img_11.jpg
途中でいったん下車し30分ぐらいで昼食をとる。3万ドン・・・人生で初めてのチキン・フォーこれが意外に旨い!!!フォーって実はこんなにうまかったのか知らなかったし・・・・かなりのさっぱり系
   
っていうか1人だけ中国語を少しだけしゃべれる店員がいたから助かった。バス乗車客に1人若い女の西洋人がまぎれこんでいて、彼女は多分中国語やベトナム語なんて全くしゃべれないから外に突っ立ってぼ〜っと店内を見ていた。哀れな女だった・・・何もしようがない・・はたから見ていてどうすればいいか分からないといった感じだ。

   
img_12.jpg
ハノイの市街に入ったとおもいきや・・・いきなりの高層ビル

これもまたまた意外・・・・っていうかやっぱり空汚いな・・・汚染もいいとこだよ。旅行中は毎日こんな感じの空。。。晴れていてもどっか曇ってる感じがしていた・・・・・多分オートバイの排気ガス半端ない。。。
バスを下車するなりすぐバイタクを捕まえて7万ドンを渡して「ホ-アン・キアム」と言うとホーアンキアムという名の湖まで行く。最初に金を見せて「行くの?行かないの?」というのが俺の交渉の仕方。だから必ず事前に想定額がないとダメだ。

意外にあっさりOKだったら失敗だ。次からはうんと落として交渉。そして相場がだいたい分かってくる。バイタクなんて特にいくらだと決まってる訳じゃないが、俺の感覚でいうと・・・・10分ー15分程度の走行なら3万ドンでいける。最初は7万ドンも払ってしまったが・・・とりあえずHoan Kiem湖まで行けばその周辺はゲストハウスだらけだったので、いきあたりばったりで激安宿を探しまくった。。。。。


img_13.jpg
激安発見!! シングルUS8ドル

※宿屋の情報:
add: 53 Luong Ngoc Quyen Str., Hoan Kiem Dist., Hanoi Tel:04 3828 1893 sinhcafeinhanoi52@gmail.com
  
多分15件目あたりでヒットした。。。。。とにかく目指せ最安値だから至る所を歩きまくった。これ以上の安値は、はっきりいってなかった。他にもUS8ドルが1件あったぐらいでそれ以上したはなかった。これだったら
ホーチミンの激安値US7ドルの方が安いな・・・・ でもホーチミン旅行の時は気合入れて最安値探してなかったから探せばあったかもしれないな。全てのゲストハウスがそうみたいだが、シャワーは20分ぐらいでお湯がなくなるから20分で全て事を済ませないとやっかいな事になる。まあ俺は5分で終わらせるからやっかいな事に
なるはずもなかったんだが・・・・基本ゲストハウスは全部ネットが使える。もちろん旅行の情報も無料で提供してくれる。世界のどこにいっても「ゲスト・ハウス」は素晴らしい。


img_2.jpg
日も暮れてハノイ、一発目の夕食だ!!!4万ドン!!スープ付激旨!!


img_3.jpg
どうやらここがHoan Kiem湖北側の一番にぎやかなスポットだ。

腹ごしらえも済ませ湖周辺やゲストハウス周辺を探検しまくる俺・・やはり最初は道をできるだけ多く歩きまくって覚えまくるしかないから、いきなり徹底的に歩きまくった。そしてついに見つけた・・・・俺のいこいの場所


img_4.jpg
憩いの場所、、、、ゲストハウスストリートの真っ只中にある夢のカフェテリア

世界中の憩いの場所を見つけるのが俺の夢リストのうちの1つ。そしてその1つがまさにこの瞬間に叶った。ここで今俺がハノイに居るんだという充実感や旅の開放感や新鮮さや雰囲気などにゆったりと浸る。。

img_5.jpg
あつあつのブラックコーヒー2万ドンを味わいながら浸りながら飲む

なんと濃い1日だったんだ今日は・・・・こんな日々が毎日続いたら人生は短すぎて足りない。いやあ〜最高だハノイは。まさに隠れ旅行スポット。香港から今日ハノイのゲストハウスに着くまでにかかった総計金額は。。

総計金額:HK740

ハノイ旅行の次の動画もアップしました
Hanoi trip part 1 -> http://youtu.be/XC_ZX3Kd6Tw
Hanoi trip part 2 -> http://youtu.be/8xbj1CXjGEQ

posted by 世界放浪異端児BS at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナム・ホーチミンにて証券口座開設2011年10月の記録


みなさん、こんにちわ。今回は、初めてベトナムへ行ってきました。ベトナム証券口座を開設しに3年ぐらい前からずっとベトナムへ行きたいと思っていましたが・・その夢が今回叶いました!!そして一言で感想を言うならベトナム(ホーチミン)は・・・・

「発展する!!!!」
img_0.jpg
2011年10月3日ホーチミン ゲスト・ハウスストリートにて

こう思ったのは根拠があります。2000年ぐらいの頃私が北京で感じたちょっとまだ薄汚れた未発達な町並みや汚染している空気の匂いと全く同でした。2000年ー2003の間北京の町並みの変化はすごかったですがそれがまさしくベトナムで起こっている実感がありました。

ところでその口座開設ですが・・・・・今回は失敗してしまったのでもう一度行かなきゃいけない羽目になりました。みなさんには一発で成功して欲しいので事情をお話しします。

img_1.jpg                     
    FPT証券会社

ベトナムへ行く前にとりあえずどんな証券会社を選択するにしろ絶対用意するべきものは・・・
1.パスポート
2.無犯罪証明書(訳付)
3.ベトナムに進出している日系銀行の日本本土の銀行のATMやクレジット・カードなど。
  海外在住の方ならciti bankやHSBCなどを使うといいでしょう。

というふうに「パスポート」だけではダメです。
1パスポート・・・・ただ持っていくだけでいいです。
2.無犯罪証明書・・・・・・ベトナムへ持ってくる前に日本にあるベトナム大使館もしくは外国在住の場合  はその国のベトナム大使館でベトナム語に訳をしてもらいます。英語でもいけると思いますがベトナム語の方が無難ですね。もし日本本土でできなければベトナムで訳をしてくれる所を個人的にみつけるしかなさそうです。
3.日本銀行口座のATMカードORクレジット・カード・・・・・・このどちらかでいいと思いますが両方あるなら両方持っていった方が無難です。これがないとお金を送金できないので取引ができなくなってしまします。

手順:
1.証券会社へ行く・・・・口座開設書類 にサイン
2.民生政府へ行く・・・・パスポートの全コピーを3部&はんこを押してもらう「notarize please」と言う
3.日本領事館へ行く・・・・証認書を発行してもらう(これだけ3,4日程かかる)
4.証券会社へ行く・・・・証認済みパスポートのコピー、口座書類の認証、無犯罪証明書などを全て提出、
5.現地の銀行口座を開設しに行く。ベトナムでやるべき事終了〜 後は日本で待つだけ。


注意点1※現地で証券会社の人とよく確認しあった方がいいです。そうでないと「誤解」が生まれます。

注意点2※日本領事館での証認は、3,4日も時間がかかるので認証書が発行された後自分でとりに行く余裕がない場合は、証券会社の人に取りに行ってもらえます。証券会社によって手数料が取られるところもあるらしいのですが自分が行ったFPT証券会社は無料で取りに行ってくれます。

実は・・・・最後に申し上げたいのですが、「無犯罪証明」を持って行かなくても開設する方法があります。日本から郵送で「無犯罪証明&訳付」を証券会社に送ってその後の手続きは代行でやってもらえばいいだけの話です。(代行を無料でやる場合と手数料がかかる場合があると思いますが)なので「無犯罪証明」を持っていくのを忘れたとしてもあせらなくていいと思います。

できるだけの事は書いたつもりですが、なにか他に質問がありましたら遠慮なくコメント欄に書いてください。

posted by 世界放浪異端児BS at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。