2014年04月21日

ボクが今どれだけ本気でこの記事を書いているのか?


 みなさんにはまだ伝わっていないかもしれませんが今ボクはどうしようもなく本気でこのブログを書いています。この気持ちをどう表現したらいいのか分かりませんがしいていうならば「燃えている」といった感じです。実は29歳の人生のどん底を経験する前は燃えていませんでした。むしろ思いのままに流れるままにといった感覚で日々を送っていました。しかしこのどん底を経験してからというもの自分に「火」のようなものがついて絶対抜け出してやる!と思ったのです。

 だからこの4年間の間に新しい考え方、物の見方、真剣さ、ゆるがない信念などが生まれたのかもしれません。ボクがこんなにお金にもならないようなブログに時間をかけて今毎日更新して書き続けているのはボクの意識の改革がどれほど大きくてどれだけ自立した人間に変わっていったかを伝えたいからだと思います。そして何より多くの人に「意識改革」を行って欲しいと思っていますし「意識改革」は今の時代に絶対必要な要素だと感じています。そしてボクは上を目指し続けます。人に言っているだけじゃなくて「人に言える価値のある人間」になり続ける為に走り続けたいと願っています。

 おそらくボクがこの4年間「孤独の戦い」をし続けて得たものは「お金」というよりはむしろ「自立」「信念」「新しい知識」「経験」「成長」「情熱」といった人間的な要素の方が強かったんではないかと思います。お金というのはちょっとした事で全部吹っ飛んでしまうような紙切れでできたものですがボクが自分の中で育てた内面的なものというのは消える事がありません。

 「無意識な人生」が「意識的な人生」というものに変わった。「他力本願」が「自立的思考」に変わった。ひとむかし前人のせいにしていたのが今は全部自分のせいにするようになった。このような改革が全ての人に絶対に起こらないといけないとボクは感じている。自分が変わらなければなんとかならない「個人」の時代になっているからにほかならない。今はちゃんと自分で「稼ぐ」という意識を持たなければ近い将来とんでもない経済的な冬があなたを打ちのめしてしまう。だから「今」変わって欲しい。

 なので今「自分」で考えて自分で行動を起こしている人は既に正しい路線上だしもうその行動を始めている時点で既に成長しはじめている。結局どんな事でも「1人」で考えて「1人」で決断しなくてはいけないのだ。なぜか?それはあなたは人の人生を生きているのではなく自分の人生を生きているからだ。全責任は自分にあるという事を分かって欲しい。



posted by 世界放浪異端児BS at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本気で生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

あなたが本当に本気なら今何をしていた?


 「あなたが本気なら今何をしていた?」という質問にあなたは今どう答えますか?多くの人がこれに即答できません。なぜなら本気で生きていないからです。ついダラダラし、つい先延ばしにし、ついついいつも通りの事を何気なくしてしまう。そうではありませんか?

  はっきり言ってボクも自問自答した時まだまだ「本気」じゃないという事が分かります。そして自問自答して本気で意識を高めないと「本気」が足りない状態になっています。本気のつもりではダメです。確実に「本気」じゃなきゃだめなのです。なぜでしょうか?それはあなたは一刻一刻と限りある命を削って生きているからです。多くの人が自分は永久に生きているんだと勘違いしています。いや勘違いというより危機感がないまま普通に生きています。そんな人の人生の結末はどうなるかご存知でしょうか?

  じゃあボクがはっきりと言いましょう。その人の人生の結末は「こんなはずじゃなかったのに。。。」と思いつつも息の根を止めることでしょう。こんなはずじゃなかったという事は最後の最後に気づくのです。それじゃあ遅すぎると思いませんか?なぜ多くの人が最後に気づくと思いますか?「今あるものはなくなった時にその価値が分かる」という事をあなたは知っていますか?例えば病気や体をこわした時初めて健康の時の良さに気づきます。それとかよく一緒にいた相手が遠くへいってしまった時その相手が自分にどんなに影響を与えていたか気づいたりします。そう。。。なくなって初めて気づいたりします。この原理と一緒で「死」がせまった時あなたは生きている事の重要さを知ります。

気づいた時には次の瞬間あなたはもうこの世にいないのです。そしてこれが事実です。嘘ではありません。そして誰もその事を話したがらない。それはまるで来ないかのように。はっきり言いましょう。あなたもわたしも確実に死にます。これは笑い事ではすまないあなた自身の問題です。そしたらもうあなたがやる事は1つしかないはずです。そう。。。今すぐ「本気」で生きましょう。

posted by 世界放浪異端児BS at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 本気で生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

勢いや力がまだあるうちに「今」やれることを「今」全部やってしまえ!


 出来る事は今すぐ全部やってしまえ!という観念だがこれはかなり重要だと思う。それはなぜか?今やりたい事を後にしてしまうと時間がたったあと全くやらなくなる可能性が十分あるからだ。そうなると本当はもしその時やっていれば得られたはずの結果、スキル、知識をのがすことになる。そしてその過ぎた時間はもう取り戻せない。

  いや取り戻せるかもしれないが具体的に言うと年齢が上がるにつれてそのチャンスと勢いは必ず減っていく。そう老化現象と同じようにいつまでもあるわけではない。人生は有限であり「パワー」「気力」「体力」などいつまでもあると思っていはいけない。だからそれらがまだあるうちに全部やってしまうことだ。

  そしてこのパワー、気力、勢い、体力が減少していくのは避けて通れない。みながいつしかは必ず経験して通っていく道だ。なので30代、40代、50代、、、そして60代はもう道はない。あなたの体は衰えていき若いときのパワーはもうなくなっていく。60代なんて年頃はあなたが今迄につちかった経験、スキル、知恵を次世代の人たちに伝えていくためにあるようなものだ。本来なら経済的、精神的に困っている場合じゃないはずだ。

  もしあなたが60代に至る迄このマインドセットと資産運用を取り入れていなかったら「他力本願」「他人依存」「経済的困難」「行き当たりばったりの日々」「愚痴や不満をよく口にする」などという生活を無意識に送っている可能性は十分にある。資産運用には精神的な忍耐力が必要だ。だからもし資産を築けたなら精神的な忍耐力も自然と養われている。精神的忍耐力がある人がそっちゅう愚痴や不満を口にするだろうか?

  よくネガティブな事ばかりいう人は基本的に「わがまま」な部分があり忍耐力もない。人は意識的に自分を変えていかないとどうしてもネガティブな方向へ不満をためる方向へ動いていくものだ。だから資産運用だけではなくあえて「マインドセット」を取り入れて来たし「マインドセット」は「資産運用」と同等に重要だからだ。本当の自由は経済と精神からの「自立」と「独立」をすることにある。いったいどれぐらいの人がそれに気づいているだろうか?あなたの独立度、自立度というのはいかに他のものに依存していないかによってきまる。

  ただ分かって欲しいのは「依存」と「共存」は違うという事。人は生きている限りもともと共存しているのだ。共存しているから意味があり意義が生まれ差が生まれいろんな事ができるようになる。共存は必然的なものであり依存というのは危険だ。依存はあなたを不安定にさせ人生を揺るがし精神的にあなたを揺さぶし不安にさせたりしえるものだからだ。「依存」というものがあなたに大きく不利に働く可能性をもったものだと分かっているなら全てのひとたちはいっこくも早く依存温存ゾーンから抜け出て「自立」「独立」をして欲しい。

  そうしなければあなたは一生本当の自由を得る事はできない。これはもう間違いない。あなたはどこかで誰かに人生をコントロールされており無意識のうちに周りに振り回されつつも「なんでこうなったんだ?」「これでいいのかな?」などと思い悩みながら一生を過ごす事になる。悩み続けるぐらいなら速攻解決しに「攻め」にまわったほうが実は安全なのだ。
posted by 世界放浪異端児BS at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 本気で生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

本気で生きる事の意義


 今日はこの「本気」についての記事を書くのは3回目だがそれだけこの「本気」で生きる事の重要性が高いとおもっているからだ。前にも書いたが本気で生きると自分が本当に望んでいる目的へたどり着く「スピード」が全く違うのだ。あと本気で生きてないと自分が望んでいるものが分からないままになり漠然と毎日を過ごしているという事になる。

  だから今ここでもっと本気で生きる人生と本気で生きていない人生でどれだけの差が生まれるかをはっきりさせようと思う。

本気で生きていない人生:

1。自分が人生で本当に何を望んでいるかがあまり分かっていない
2。漠然としている
3。なんとなく時間が過ぎている
4。取り組んでいる物事に対してアバウトな姿勢
5。今の自分と1ヶ月前の自分との差があまりよく分からない
6。すぐ周りの人の意見や無駄なさそいに流される
7。自由な時間を与えられたら何をしていいか分からなくなる
8。何かものたりないがそれでも大丈夫だと無意識に自分にいいきかせている


本気で生きている人生:

1。自分が何をこの人生で望んでいるかをよく自問自答しているしはっきりさせようとしている
2。必死で模索しているか既に目標に向かって猛突進している
3。意義のある時間が流れている
4。取り組んでいる姿勢が「本気」だ。
5。今の自分と1ヶ月前の自分との差がはっきり出ている
6。自分の意見がしっかりしているから周りの意見にすぐ流されたりしないし無駄な誘いは断る
7。自由な時間を与えられたら猛突進で自分の目標を成し遂げるしその時間を貴重に使う。
8。刺激的で生きている実感と自分が自分の人生を生きているという充実感がある。


 分かるだろうか?この「本気」とそうでない人生の違いが?これは選択なのだ。あなたにはそういう選択肢があるのだということをまず何よりも分かって欲しい。そして「本気」で生きるという選択をして欲しいと強く願っている。ボクは今毎日本気で生きている。だから毎日充実しているし自分の人生を生きているんだという実感がある。これこそ幸せな状態だと思うし何よりも成長が早い。

 あなたが今やっている事で何の進歩もなく何の成長もなければなんて味気のない人生ではないだろうか?それで満足している人生なんてぼくは信じられないしむしろ信じたくもない。だけど他の人の人生をボクが決める事はできない。決めているのはその人本人だからだ。


posted by 世界放浪異端児BS at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 本気で生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたは今どれぐらい本気で生きているのか??


 ボクはブログを初めた日からこのトピックが頭にあったのですがついに今日このトピックで話が出来る事に喜びを感じています。そう。。。あなたがどれだけ本気で生きているのか?これは生きて行く上でかなり重要だとボクは思っています。人生燃え尽きるぐらいあなたには「本気」モードになって欲しいです。

  もしあなたが今本気ならば自分に次の事をきいているはずです。「本当に本気なのか?」「自分に嘘ついてないか?」「今本気で生きているのか?」そしていいます。。。本気ではなかった、、、もし本気だったら〜しているはずだ。。本気だったらこういう選択をしているはずだった。。。そう実は大多数の人が本気でない毎日を送っています。

  本気で生きている人とそうでない人の違い。。。それは「スピード」です。自分が望むものへ突進するスピードが明らかに違う。本気で生きてないと自分の本当に思っている心が隠れてしまう場合がとても多く、本当に思っている事を押し殺し違う理由を取り入れ自分に言い聞かせる「これでいいんだよ」と。

  ぼくたちはみんな命を削って生きています。毎分毎秒目に見えない命が削られていっています。「死」というのは多くの場合突然やってくるものだし、やってきたときに「ああ、人ってこうやって死ぬのか。こんなに早く死ぬとは思ってなかったからやりたい事全部やりきれてなかったよ。」などと絶対思って欲しくないわけです。

  その為には「今」です。今本気になって自分にきいてみてください。もし自分が本気だったら??今なにしてた?今本気だったらどこに向かっていた?というふうにです。絶対きく必要があるとボクは思っています。これを自分にきかないと自分が本当にどうしたいかが分からないまま漠然と生きてしまうからです。




posted by 世界放浪異端児BS at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 本気で生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。