2014年04月27日

これが平均的な人の人生なのか??



もし80代まで病気、事故、災害、災難などで死ななかったらだいたい次のような人生になる事が判明した。

20代ー>遊ぶ 
30代ー>結婚&仕事
40代ー>人生の道筋が決まってしまう
50代ー>本当にやりたい事だけをようやくやり始める
60代ー>趣味、サークル、病気や体の不具合との戦いが始まる
70代ー>「死」を覚悟し病気と戦いながら淡々と日々を暮らす
80代ー>死ぬ

 こう見たら人生はなんと短い事なんだろうか?と思う。50代でようやく「本当にやりたい事をやる人生」を送るとしたらもうほとんど残りがない。こう見るとなんとつまらない人生ではないのか?と胸が痛くなって来る。そして自分に問いかける。50代でやっと本当にやりたい事だけをやれる人生なんて「絶対に嫌だ」と。

 やはり20代〜30代の間に見極めて本当にやりたいことをやっている状態になっていないとダメだ。これに達する為にはやはり「毎日」が勝負なのだ。淡々と日々を送っている人にはその領域には辿り着けない。というか勝負していない人生なんて絶対面白いはずがないのだ。

 もし今あなたが自分の人生が面白くない、つまらん人生だ、なんの望みもない、どうせダメだ、もうどうでもいいと思っているのならちょっと待ってみて欲しい。今本当にそうだとしたら絶対にそれを変えなきゃいけない。もし変わらなければ損するのは周りの人間じゃない。「自分」が1番損するのだ。今日の日が「ダメな日」「悪い日」「絶望の日」ならばそれは「ゼロ」からの出発だと考えられる。

 今日が「ゼロ」ならば「今日」それを変えようと思ったら今日から「ゼロ」を「イチ」に絶対に変える事が出来る。というか人間はもともと「ゼロ」から生まれて「ゼロ」に戻って死ぬのだ。極論「死」=「ゼロ」というのが現実だ。という事はあなたが生きている限り「ゼロ」の状態ではない。「死」以外は全部「プラス」しかない。

 しかし「同じ事を毎日している人間やほぼ同じ事しか考えない人間」というのはプラスが極端に少な過ぎる為にせっかくある人生経験の機会を損失していると考えていいと思う。常に新しい知識、常に新しい勝負、常に快進撃を日々繰り返す。こうするとあなたは「平均的な人生」をたった1年以内で凝縮出来てしまう。それだけ「1日が人生」というスタンスの人間と「毎日同じ」というような人生を送っている人に「差」があるという事だ。



posted by 世界放浪異端児BS at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドセット(思考) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

ネット上最強の稼ぎ野郎

「与沢翼」という人の動画をたまたま見ていた。最初普通に彼が塾のような場所で1人で動画講義しているのを見ていてへえ〜こういう教え方している人って日本にいたりするんだと思って興味をもちながら見ていた。そしてその後彼の他の関連動画を見た。その関連動画では彼の稼ぎ方の全貌動画が公開されていた。最初普通に見ていたのだが見ているうちに度肝を抜かれた。彼こそネット業界で個人で稼ぐ最強の男だった。ほぼ個人で出来てしまうネット上の稼ぎを次々と極めていき今はもう既に「与沢塾」やら会社で従業員50人を雇ったり直弟子をもったりしていて次々と個人でみんな稼ぎまくっている。

 そして例外なく「rich or die」マインドを社員や塾生、直弟子らにぶちこんでいる。これはまさに「侍マインド」だから本当に究極の教育、スパルタ方式に近いだろう。でもおそらくこういうスピリットじゃないと逆にこんなに即効性がある結果や実績は出せないはずだ。彼の話をきくうちに彼がどうして今の状態になりえたのかものすごくよくわかった。やはり「谷底」を経験していたり「人生最悪」だったり自称「クソ」のような日々などを送った事があるから基本怖いものなどないしその反動での勝算がやばい。

 そして彼の谷底経験の反動は強烈で彼いわく「最悪なほど人生の反動というのは激しく上がる」。これをきいて分かるのはやはり現状に満足している人間に「成長」などほぼ無きに等しいのだ。彼の言う事と自分の考えている事はほとんど一致していた。ただ彼の方が自分よりも何倍も「強烈」だった。そして今回彼の動画をみて1番学んだ事は。。。

「正しい努力をすれば誰でも稼げる」

 「正しい」という事に注目して欲しい。なぜなら日本にはたくさんの努力家がいるが稼げていないのだ。それは「正しい稼ぎ方」を知らなくて空回りしているだけの話なのだ。よく考えて欲しいあなたより努力していない人があなたより早く何十倍も多く稼いでいる現実があるという事。これは「努力」だけでは報われないことがある事を示していて絶対「正しく稼ぐ」という方法があるのだ。

 しかし「正しく」稼がなくても「努力」すればある程度は稼げるのは間違いない。ボクは500万円突破まで4年間も時間をかけてしまった。相当「努力」したつもりだったがまだまだ「正しく」努力するという部分が抜けていたのだ。だからはっきりいって時間がもったいなかったのだ。これをきくと「頑張ったから無駄な事なんてないよ。」なんていう人がいるがボクはこの意見に対して肯定的ではないむしろ否定的だ。頑張った中でも実際無駄な事は無駄な事なのだ。それは実際マイナスな事を肯定的に見ようと「楽観視」するという事で気持ち的に楽になるという事だが、気持ち的に楽になった所で現実が変わるだろうか?

 それよりも「無駄」な事は本当に無駄だったと受け止めてじゃあ今度無駄にしないように動こうとする見方がもっと成長につながるのではないか?と思う。それにマイナスな事に「楽観視」するのは「甘い」と思う。ビジネスや稼ぐという世界においてはっきりいって「楽観視」は捨てた方がいいとボクは思う。なぜか?楽観視ではそこまで儲からないしリアルに物事を見られなくなるからだ。

正しく努力する事が「最強の時間の短縮」につながる。本当に無駄な努力を避ける為に正しく稼ぐ為の「情報収入」に時間を裂くべきだという事ではないのか? その例の動画を見たい人はー>https://www.youtube.com/watch?v=1VAA2jJz-EE&list=PLShpDsqGTy3NRUXvK7Va54zTk0cRVaS6y
posted by 世界放浪異端児BS at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドセット(思考) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

孤独の戦いで勝て


 もしあなたが本当に自分の望む「本物」の人生を歩もうとした時「孤独の戦い」というのは避けられない。これは「夢」や「目的」や「望み」を叶えるには必ず戦わなければならないからだ。だから逆に言えば「本物」じゃない人生を生きている人は戦っていないという事ができる。どこかで妥協しているし現状で満足して成長もスローだし人生の流れもスローに流れている。

 1年という期間での変化が薄い。そんな人生で本当にいいのか?と自問自答し続けるべきだ。戦わない人間が弱い人間という訳ではない。「弱い」「強い」という問題ではないのだ。「選択」という問題だ。気づいてない人が大部分だが自分たち人間というのは毎分毎秒「選択肢」があるのだ。例えばあながサラリーマンなら、今この記事を読んでいる瞬間その場で立ち上がって「俺サラリーマン今やめます!!」という事だって出来る。

  というかなんでも可能なのだ。実は何十通り何百通り何千通り何万通りとある選択肢の中で毎分毎秒選択して生きているのだ。ただ問題は「どうやって自分に選択肢を与えるか」なのだ。だからこれは自分との戦いだ。外との戦いではないし他人との戦いでもないのだ。だからこの原理が分かっている人は言う「これは自分との戦いだ」と。人生はどれだけ多くの選択肢を考えられてどれだけの良い選択が出来るかだ。

 誰が自分の人生を考えるべきなのか?誰が人生を選択すべきなのか?誰が毎分毎秒何をするのか決めるべきなのか?全部自分ではないのか?なので自分のやりたい事を成し遂げて自分の心の底から望む「本物」になりたければ孤独の戦いをしないといけない。ボクは今この記事をたまたま読む事ができた人たちに孤独の戦いで勝つ人間になってほしいのだ。自分もそういう人生を望んでいるからこそそういう人たちを心から応援したいと思っている。

posted by 世界放浪異端児BS at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドセット(思考) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他人の視点からものを見る力

今日あるレストランのレジの所で立ち注文する為に並んでいた。その時前に並んでいたおじさんがおじさんの前の人との幅感覚ととっていた為に一瞬「あれ?このおじさん上のメニュー画面を見ているのか?それとも並んでいるのか?」と分からなかったが観察した結果並んでいる事が分かった。なのでそのおじさんの前に並ばずあえておじさんの後ろに並んだ。そして途中で左側の方に2人の女性が来て上のメニュー画面を見て色々会話していた。

  その女性は実は並んでいるつもりだった。ちょっと話が複雑化してきたので簡単に言うとレジの前に家族客がずっと注文をしていてその後ろにおじさんが彼らとちょっと幅感覚を開けて立っていたのだ。そしてその左横から2人の女性がその家族と横並びの位置に立ったのだ。つまり横並びと立て並びみたいなイメージだ。

その家族が注文を終える頃その横にいた2人の女性が乗り出して注文をとろうとした時そのおじさんが「そこは並ぶところじゃない後ろだよ!」と告げるとそのうちの1人の女性が「あああ〜〜ええ〜〜ああ、、、、そうか、、、」ともの凄い困惑しながらしぶしぶと後ろの方に歩いていった。

  これってどっちもどっちだと思うのだ。その女性が勘違いしてしまうのも状況の「観察」が足りなかったしそのおじさんもあれぐらいの幅を空けて立っていたら一瞬並んでいいるのか誰でも分からなくなる。だからそのおじさんがしている事も人を誤解させてしまう事だったのだ。しかしボクがその勘違いを避ける事が出来たのは「おじさんからの視点」でものを見る事が出来たからだ。

  だから本当に他人の視点で物事を見る、他人の立場から物事を見るというのは多くの誤解を避けられるしその人の事を理解してあげられるので許容範囲も広くなるのだ。人は他人の立場、状況を多く理解している人間こそ身の周りで起こる多くの誤解や不必要な「怒り、不安」などを避ける事が出来る。

 じゃあ相手の立場からものを見る事が出来るようになる為にはどうすればいいのか?それはその人の気持ち、その人の考えている事、その人の状況や立場を自ら観察し「理解しよう」と意識する事だ。これは自分が何をしても全ての事においてつながっている事だし人に対しての「許容範囲」を広くし「理解」を深める事ができる。自分を拡大し人生をよりよく生きるのに絶対必要な要素だと思うのだが違うだろうか?


posted by 世界放浪異端児BS at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドセット(思考) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

お金があればハッピーな人生ではない?


実はお金を稼げたら「ハッピーな人生」にはならない。みんな薄々気づいているはずだ。なぜならお金を稼いだら超便利になるが根本的に超便利=幸せな人生ではないからだ。じゃあ何が最高の人生であり幸せを感じる人生なのか?それは「心」が満たされた人生だ。だから極論で言えば「お金」は心を満たす大きな部分の一部だ。「全て」ではない。

  実際お金というものは多くの生活問題が解決されるしやりたい事ができる最高のツールだ。しかし本当に心が満たされるのはもっと人間的な要素なのだ。大好きな人とおしゃべりしていた方がお金を持っているという事実よりよかったりするわけだ。つまりお金では買えない目では見えない心でしか感じられない「価値」というのが存在している。極論人生であなたの「心」が満たされていればお金はいらない。心が幸せを感じ、満たしを感じ、意義をみいだしていたら最高の人生なのだ。だから金銭主義の社会から海外の貧しい国へ行った時ふと思ってしまうのだ。「こんな貧しいのに生活が大変なのになんでこんなに純粋な笑顔でいられるんだろう?」と。日本は発展しすぎて金銭主義に陥って人間的な根本を忘れてしまっている。これも事実だ。

  だから「心」に栄養を与え「心」に満たす方法を実践しながらお金の問題を解決していく。そのプロセスが今の日本社会にはあっている。目的到達した所にあなたが求めている全てがあるわけではない。我々は「昨日」に生きている訳でもなく「明日」という日に生きている訳ではない。「今日」というプロセスの中で生きているのだ。あなたには「一日が人生」と思って生きる人生を今すぐに送って欲しいと願っている。

  ボクはほとんどの場合自分が書いた記事を振り返らない。それは「今」ある状況で全てを出し切りたいと思っているし過去書いたものは過去の産物に過ぎない。こうやってボクが記事を書いている時今この瞬間にあなたが読んでいる事に価値がある。同じ時代に同じ日本人として同じ言語で生きている中で「価値」を共有しているのだ。



posted by 世界放浪異端児BS at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドセット(思考) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうダメだ!と思う状況こそが全てを発動させる


 人間とは不思議なもので「もうダメだ!もう限界だ!」と思うと逆に反発する力や反抗する力が発揮できる。だから何回でもその「もうダメだ!」でいいんじゃない?と思う。それこそ「情熱」に転換して物事を成し遂げる事が出来る。そのダメだ!から繰り出される反発心には最高のメリットがある。なぜか?「スピード」が違うからだ。1年でやれちゃうことに5年もかけたりしない。5年以内で出来ちゃう事を10年以上かけたりしない。だからボクは心の底から思うのだ。うまくいってない人生に皆怒れ!!と。こんなはずじゃなかった人生に反発しろ!!と。

 人生「もうダメだ」とか「こんな事やってられるか!」とネガる事は誰だってあるのだ。これに注目して欲しい。。。「みんな」だ。あなたの親、職場の人間、周りの人たち、友人、知人、全員だ。ただ問題はネガった後どうするか?だ。誰でもネガってしまう時期というのは避けられない。もうそんな事はあたりまえのことなのだ。ネガる事はあたりまえのこと?その通りだ。これが事実だ。

 重要なのはそのマイナスな出来事、ネガッてしまうような事に対してあなたがどう立ち向かうかだ。それが後の人生を左右するのだ。ほっておけばおくほどあなたは未解決のまま人生を歩む事になる。あなたを悩ませるもの程先に解決するべきなのだ。なぜか?それは解決するだけの価値があるからだ。あなたが心の奥から気にかけていることだからあなたは悩み、あなたは苦しんでいるわけだ。心の底から実は気にかけている事を解決できる人生なんて最高じゃないか?とボクは思う。だから「立ち向かう」人間が最高の人生を歩める。

立ち向かう人生というのは「戦い」だ。生温い自分、弱い自分、ダメな自分と戦わなきゃいけない。どういう人間が本当に自分の願う人生を歩めるのか?それは戦う人間であり、立ち向かう人間だ。人間なんて弱い部分やダメな部分はみんなあるのだ。だから自分が本当に願う人生を歩む為には次の要素を取り入れないといけない。。。

1。立ち向かう人間
2。戦う人間
3。答えを求め続ける人間


人間が生きている中で求めているのは「自分の求めている答え」を見つける事なのだ。どうしたらいいか分からないからネガッているのだ。どう生きたらいいか分からないからネガっているのだ。本当の解決方法は本人が握っている。もしかしたら周りの人間が適当に言った事が当たるかもしれない。しかしそうでない場合は誰もその人に話しかけない方がいい。多くの場合自分で答えを見つけるしかないからだ。

  ボクが言いたいのは「もうダメだ!」と思っている人こそ「進化」できるチャンスだ。もうダメだ!と思えば思う程「最高の進化」に向けて猛突進できるチャンスだ。だからボクは「ああもうだめだ!やってられるか!」と嘆いている人に言いたい。もっと嘆け!そしてあがいて答えを見つけ出しどうするか決めろ!!と。

posted by 世界放浪異端児BS at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドセット(思考) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日のつぶやき


posted by 世界放浪異端児BS at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドセット(思考) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

2014年04月08日のつぶやき




posted by 世界放浪異端児BS at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドセット(思考) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

確実に「NO」と言える人間になれ!


 多くの人が友人知人の誘いに対してなかなかはっきりと「NO」と言えない。なぜか?それは「NO!」と相手に言う事によって相手が気を悪くするんじゃないかなどと恐れているからだ。つまり「いい人」であり続けたい。なぜいい人であり続けたいのか?それは「無難」な当たり障りのない関係を保ちたいからだ。

それはある意味その人間関係に「依存」してしまっているという事に他ならない。悪く思われるのが怖い。周りの人に悪く見られたらどうしよう?という「恐れ」だ。当たり障りのない関係というのは自分も別にいいと思うが「NO」とはっきりと断れないと確実に相手に「時間」という貴重な財産を吸い取られる事になる。

 多くの人間が集団からの孤立、友人から見放される事を恐れている。しかし誘いを断ったぐらいで「付き合いが悪いなあ、別にいいじゃん」なんて愚痴る人や「なんだよ毎回そうなんだから」などとあなたにちょっと嫌な気持ちになる人なんてもともとあなたの事なんてそんなに考えてくれていないしあなたを個人として尊重していない訳だから逆に思いっきり「NO!」と断ってもいいと思うw

 ボクがおそらくこんな事を言えるのは「孤立」を全く恐れていないからだ。なぜ恐れていないのか?合わせたくないのに無理やり合わせるより自分の信じた方向に突き進んだ方が後悔しないからだ。実は合わせた方が一時的には楽だが合わせた結果「やっぱり時間の無駄だった」と思えるくらいなら最初から合わせない方がいい。「自分」をはっきりもたないと結局自分の人生なのだ。

「時間」は「命」と同等の重みなのだ。ほとんどの人がそれを意識していない。「私とちょっと付き合って!」というのはあなたの命を削って私と一緒に居て下さいと言っているのと変わらない。今の現状や今の周りの人間の影響だけではなく「人生」そのものや「自分が心底求めている究極的な事」をボクはみんなに今すぐにでも考えてもらいたいと思っている。

posted by 世界放浪異端児BS at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドセット(思考) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間関係の中にある「利害関係」に気づけ


人間は自分の欲を満たして生きている。人は誰かの為に生きていても結局それは自分の為だ。つまりもともと人は「自己中心的」性質を持っているといえる。世間で言われる「いい人」「他人の利益を優先させている人」などは結局みんな「自己中心的」なのだ。というのは彼らがその良い役割を演じる事によって結局何かしら自分に利益になるような事がはねかえって来る事を無意識ながらも知っているからだ。じゃあ例えば。。。

「いい人」になった時満たされる欲求ー>円滑な人間関係、信頼される、一目おかれる、尊敬される。頼られる。認められる。など精神的欲求が満たされる

なので人間のそもそもの性質は「自分の欲を満たす」という事においては実は誰しもが「自己中心的」であるといえる。人には自己中心的な欲求の中で2つの欲求がある。それは「いい欲求」と「悪い欲求」だ。

いい欲求:「人の為に何かをしようとする」「人の役に立つような事をしようとする」

悪い欲求:「自分の利益だけを追求する」「相手をコントロールしようとする」

結局「他人の利益を優先できる人」であろうが「自分の利益だけを考えている人」であろうが結局自分の欲を満たす為に動いているのだが心の根がどっち側に偏っているかでもたらす影響と結果が違って来るというだけだ。これは極端な話だが実際のところ良い欲求と悪い欲求が究極すぎるとバランスが崩れる。つまり「いい人過ぎ」というのは悪い。いい人過ぎたら周りの人から確実に利用されてしまう。

それとか「自分の利益だけを追求しすぎる」というものも悪い。他人の事はどうでもよくなるからだ。自分の事を「どうでもいい」なんて思っている相手の人と付き合おうとは普通思わない。という事は「程良い良い人」「程よい悪い人」というバランスが必要だ。

つまりこういう事だー>「時に程良い親切さがあり時に程良いクールな人」というような2面性がある人だ。こういう人が人間関係において1番「得」をする。なので人間関係で「損」をする人というのは本当に極端に「いい人」そして極端に「悪い人」という事になる。

  意外ではありませんか?この世の中では極端に「良い人」というのは必ずどこかで損をするようになっているのですwww 人間関係に「利害」関係がないというのは「嘘」です。どんな関係においても必ず「利害関係」が発生しています。みんな現実を直視せずにちょっと甘い妄想に浸って事実を曲げてきれいごとを言っているに過ぎません。

  今のあなたの友人関係でも知り合い関係でも家族の関係でも利害関係は必ず「存在」しておりそれを意識すると見えるし意識していなければ見えないというだけの話です。あなたが過去仲良くなった相手というのを良く考えて下さい。それは何も意識していないのに自然に利害関係が成立していたのです。あなたがその人と一緒に居る時あなたが求めているものが相手にないのなら「利」がないので今迄成立しなかったはずです。成立したとしてもそれは一時的な「利」で継続出来る程の「利」がなかったわけです。

 なのであなたがどういう人と一緒に居る事が「利」になっているのかが分かればそういう相手や仲間を見つけやすくなります。自分が人生で何を求めているのか?どんな人たちと一緒に居たいのか?逆にそれを考えないでアバウトに周りに人たちと付き合っていれば実はアバウトな関係のまま終止します。

例えばボクが高校生の時に付き合っていた「ダチ」たちは今振り返ってよく考えるとただの「不良&チンピラ」グループでした。どちらかというとただ「遊び」&「バカ」をする仲間だったのです。ここには継続できるだけの「利」がある付き合いは存在してなかったので大人になった後何度か会ってはみたもののほとんどのダチが「不良&チンピラ」的な基本的な部分はあまり変わってなかったので自分が本当に求めている「利」という関係は残念ながらありませんでした。

  ボクは今ではこういう人間関係の中に「利害関係」というのを意識してみているので初めて会った人なんかもしばらく話をしていたり一緒に行動したりするとすぐ継続できそうな「利」があるのかそうでないかを判断します。なのでボクはそういう「利」の関係を保てると判断した相手や集団は自分から率先して時間をつくって会いにいったり時間を一緒に過ごしたりします。なので「えーあいつとまた会わなきゃいけないのか」とか「やつらとまた一緒にでかけるのか」などと落胆することなどほとんどない訳です。

posted by 世界放浪異端児BS at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドセット(思考) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。