2014年07月30日

経済フリーからの景色


 これで「経済フリー」に関する記事を書くのは2回目だ。なぜまたこのトピックで書こうと思ったのか?それは最近「経済フリー」を手に入れたので今自分が一体どういう心境なのかみんな知りたいと思うはずだしボクも今の自分の気持ちを書き残しておきたい。

 今から1年、2年とたつとこの「経済フリー」の状況がもう既に当たり前になっていると思うのだ。では本題に入ろう。まず今自分はどういう状況なのか?簡単にいうと不動産と株からのキャッシュフローで「経済フリー」つまり王道の経済フリー状態。

 もっと細かくいうならその不動産と株からの上がりで生活費がカバーできる上、海外旅行や投資にまわすだけのお金が定期的に自動で発生するという状態だ。もちろん何もしなくていい。放置しているだけでお金が入って来る。今年に入ってから「株」と「不動産」からお金が自動的に入って来る設置がついにめでたく出来た。

 そして2014年7月末。つまり最近だ。ボクは不動産からのキャッシュフローが銀行口座に振り込まれたのをこの目で確認した。そしてその時のボクの心境はというと。。。。

「やったー!!!ついにやったぞおお!!やったんだ俺は!!!ついにいいい!!」

 となるはずなのに。。あれ?おかしいな。。全く実感がない。。というよりも全然喜んでいない。なぜだろう?超喜べる状況のはずなのにと最近謎に思っていた。4年前ずっとあんなに達成したいと望んでいた事なのにいざ達成してみるとこんな心境になるとは思っていなかった。逆に言うなら。。。「まあ当然でしょ。。。」みたいな。

 「経済フリー」に対して4年前はその達成感とその開放感が待っているに違いないと思い込んでいただけに何て事だ。。。ちっとも嬉しくない。。そんなバカな。。。というのがボクの心境です。

 じゃあなぜそこまで嬉しいと思っていないのか?ちょっと考えてみたらすぐ分かりました。実はボクにとって「経済フリー」になる事自体どうでも良かった。本当にどうでもいい事だった。なぜなら経済フリーになって楽しい事をいっぱいして贅沢に暮らして人生を歩もうなどと思って目指していた訳じゃなかったからだ。経済フリーはボクにとってただの通過点でしかなかった。つまり。。。

 「自分が本当にやりたい事をする為に経済フリーにならざるを得なかった。」

 という事になる。重要なのは、経済フリーになって何がしたかったかだ。ぼくはそのしたい事が出来るようになる為に経済フリーになるしかなかった。だからボクにとって「経済フリー」になる事自体絶対に達成しなければならない事だったし経済フリーになった今そのサイクルに入る為にどう動くかこれからまたすぐ考えなくてはいけない。ボクがまだ嬉しい!!と思えないのはまだボクが本当にやりたいと思っている事をやっているサイクルに入ってないからだ。

 そのサイクルに入れた時こそボクはボクらしく、「世界放浪異端児トシカズ」としての生活を送っている。なのでこの世界中を飛び回り続けるサイクルに完全に入ってしまうまでにやらなければならない事がまだたくさんある。それはまず「ネットビジネス」の追求だ。そしてこのネットビジネスの柱が完全にたったら世界放浪異端児という身分をさらにはっきさせる世界放浪プロジェクトを完成させなければいけない。

 ボクはまずこのネットビジネスをしている嘘つき集団がどこまで本当でどこまで嘘なのか突き止めてやろうなどと思っているしだれが本物なのかも見極めようと思っている。ボクはある程度「ネットビジネス」を通してソーシャルネットワークが築けたら「語学」「投資」「ビジネス」の3本柱を土台に世界中を飛び回りその国々からの有益情報をたっぷりと流そうと思っている。

 そしてこれはボクがTCKsつまりThird Culture Kid「第三文化の子供」であるという身分を思い存分に活かせる道だし自分自身が受けたものを日本社会に還元する自分らしい方法だ。

 第一文化(日本)、第ニ文化(香港)、そして第三文化(第ニ文化の地に同化できないでいる空間)つまりどこの国にも同化しないでいられる人間として世界各国を飛び回り続ける人生。世界と日本をつなぐパイプライン的役目を負うのがボクの「使命」だと思っています。

 なのでボクがこのブログを書いているのももはや当然の事で、与えられたものを活かしている結果だと思っています。ボクは時に超本気で動くし、時に毎日超コツコツとやるし、もはやなんでもできるのでこれからも色んなアイディアを絞って生きていきたいなどと思っているこの頃です。




posted by 世界放浪異端児BS at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ最終記事たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。