2014年07月25日

「文章を書く」という事の重要さ


 ボクは「記事を書く」もしくは「文章を書く」というのはむしろ必須だと思っている。こうやってボクのようにブログで文章を書けと言っている訳ではないが少なくとも「文章」は書いた方がいい。それはあなたの思考、アイディアのアウトプットなのでそれをしないと自分の思考が明確化できないからだ。

 書き残すという作業。これは自分とのコミュニケーションの1つとして一番重要な作業だとボクは確信している。だいたい人間というのはすぐ忘れてしまう生き物なのだ。書き残す事によって忘れてしまっていた事を再確認出来る。そのときの感情。その時の思いを再確認できる。

 過去の産物というのは現在、未来と繋がっているのだ。今のあなたの行動、アイディアも全て過去のデータの蓄積によって決定されている。なので過去を知る事がこそが今のあなたを知る事に繋がっている。これはもう間違いがない。なので過去を洗う事によって自分がどこに向かっているかも推測できるようになる。

 今だけの現状よりも過去から学ぶ事の方がずっと多いし気づかないで過ごしてしまった事などありすぎるのだ。だからこそ書き残す事や、反省や、改善、アイディアの明確化、具体化という全ての作業が必要だ。つまり自分の脳みその整理をする作業だと言っていい。

 どれくらいの人が「書く」というのが人生において最もパワフルなツールの1つだという事に気づいているのだろうか?もしボクが「書く」という魔法のような方法を今迄実践していなかったら今のように着実に進化していた自分はいなかったと断言出来る。

 それだけ「書く」という作業が重要だという事に気づいて欲しい。もっと自分の事を分かって欲しい。もっと自分がどこに向かうべき人間なのか自分ではっきりと分析して欲しい。自分をもっと分かる事は自分がどこに向かうべきなのかも分かるようになる。

 自分とのコミュニケーションがうまく出来ていない人というのは要するに自分がよく分かっていない人の事だ。自分が何が好きで嫌いか、自分が何を考えているのか、何を思っているのかをほとんど無視していると言っていい。

 よく友達と話をしているうちに自分が何を考えているか何を本当はしたいのか分かったりした経験はないだろうか?それは友達とコミュニケーションをする事によって自分の考えが外に出て来るからだ。書く事というのも同じ事だ。自分の心にあるものを外に出す。アウトプット作業だ。

 なのであまり書かない人はなるべく書くようにして欲しいと思っています。



posted by 世界放浪異端児BS at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ最終記事たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。