2014年06月09日

ハンドバッグ事件パート2

picked up losts.jpg
ハンドバッグ事件パート2

 実はまだみなさんに言っていない事があります。それは。。。拾ったハンドバッグの持ち主にハンドバッグを渡す前に手紙をこっそり財布の元旦那さんと2ショットで撮っている写真入れの中に入れました。


その内容はこちら。。。


love letter.jpg

訳:好運な王さんへ 頑張ってください。そしてどうか平安であってください。30代前半の日本人より

 彼女はもうこの手紙に気づいている頃でしょう。どうしてボクがこんな奇抜な手紙を残す必要があったのかあなたには分かるでしょうか?分からないですよね? 実はこの中で一番伝えたいポイントは最後の「日本人より」という所です。なぜ「日本人」を強調したのか?

 王さんは名前を見て分かる通り「中国人」つまり大陸の人です。今このブログを読んでいる方で知らない方は多いと思いますが中国現地では私たち日本人が想像する以上に反日感情を持った人が大勢います。もっとはっきり言いましょう。。。大半の人が日本人に対して悪いイメージを持っています。

 そしてその中にも「日本人大っ嫌い」があなたが想像する以上に多いです。ただのあまり好きじゃないというレベルではないです。本当に憎しみを覚えるぐらい嫌いな人もいっぱいいます。日本人ときいただけでイラっとする。実はそんな中国人たくさんいます。なぜ多くの日本人がその事を知らないのでしょうか?そしてどうしてボクが知っているのでしょうか?

 まずボクは中国語を普通に喋れるからです。どれぐらいのレベルかというとたまに中国人がボクの事を中国人だと思っているレベルです。なので深く会話の中に入っていけます。ボクが例えば中国語を喋れるタイ人を装っているとして普通に話をしている時たまに「日本人」の話になります。その時実に多くの人が「日本人は嫌い」だ「日本人は好きじゃない。」とさりげに言います。

 ボクが「タイ人」を装っているから遠慮なく「日本人は嫌いだ」などと「素」で言えるのです。だからボクはどれだけ多くの中国人が反日感情を抱いているのかはっきり分かっています。真実をはっきり言いましょう。

 その数半端ないです。

 申し訳ないですが、これが事実です。中国政府はとめどなくテレビ、ラジオ、ネットなどのメディアを使って「日本人軍」のイメージを植えつけている事もあるし実際戦争で直接関わった人たちなども多くいます。

 中国語をあまり喋れない日本人には笑顔で接してくるかもしれませんが覚えておいてください。「日本人嫌いな中国人は多い」という事実があるという事を。しかしボクは個人的に中国が好きだし中国人も好きです。それは多くの良い思い出を彼らと有した経緯があるからだと思います。

  だからこそこのチャンスをさりげなく使って中国人である彼女に少しでも日本人に対して良いイメージを持ってもらいたかった。なんかいつの間に中国人と日本人の板挟みになっていて切ない感じですね。



posted by 世界放浪異端児BS at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生を語るハンドバッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。