2014年04月25日

ネット上最強の稼ぎ野郎

「与沢翼」という人の動画をたまたま見ていた。最初普通に彼が塾のような場所で1人で動画講義しているのを見ていてへえ〜こういう教え方している人って日本にいたりするんだと思って興味をもちながら見ていた。そしてその後彼の他の関連動画を見た。その関連動画では彼の稼ぎ方の全貌動画が公開されていた。最初普通に見ていたのだが見ているうちに度肝を抜かれた。彼こそネット業界で個人で稼ぐ最強の男だった。ほぼ個人で出来てしまうネット上の稼ぎを次々と極めていき今はもう既に「与沢塾」やら会社で従業員50人を雇ったり直弟子をもったりしていて次々と個人でみんな稼ぎまくっている。

 そして例外なく「rich or die」マインドを社員や塾生、直弟子らにぶちこんでいる。これはまさに「侍マインド」だから本当に究極の教育、スパルタ方式に近いだろう。でもおそらくこういうスピリットじゃないと逆にこんなに即効性がある結果や実績は出せないはずだ。彼の話をきくうちに彼がどうして今の状態になりえたのかものすごくよくわかった。やはり「谷底」を経験していたり「人生最悪」だったり自称「クソ」のような日々などを送った事があるから基本怖いものなどないしその反動での勝算がやばい。

 そして彼の谷底経験の反動は強烈で彼いわく「最悪なほど人生の反動というのは激しく上がる」。これをきいて分かるのはやはり現状に満足している人間に「成長」などほぼ無きに等しいのだ。彼の言う事と自分の考えている事はほとんど一致していた。ただ彼の方が自分よりも何倍も「強烈」だった。そして今回彼の動画をみて1番学んだ事は。。。

「正しい努力をすれば誰でも稼げる」

 「正しい」という事に注目して欲しい。なぜなら日本にはたくさんの努力家がいるが稼げていないのだ。それは「正しい稼ぎ方」を知らなくて空回りしているだけの話なのだ。よく考えて欲しいあなたより努力していない人があなたより早く何十倍も多く稼いでいる現実があるという事。これは「努力」だけでは報われないことがある事を示していて絶対「正しく稼ぐ」という方法があるのだ。

 しかし「正しく」稼がなくても「努力」すればある程度は稼げるのは間違いない。ボクは500万円突破まで4年間も時間をかけてしまった。相当「努力」したつもりだったがまだまだ「正しく」努力するという部分が抜けていたのだ。だからはっきりいって時間がもったいなかったのだ。これをきくと「頑張ったから無駄な事なんてないよ。」なんていう人がいるがボクはこの意見に対して肯定的ではないむしろ否定的だ。頑張った中でも実際無駄な事は無駄な事なのだ。それは実際マイナスな事を肯定的に見ようと「楽観視」するという事で気持ち的に楽になるという事だが、気持ち的に楽になった所で現実が変わるだろうか?

 それよりも「無駄」な事は本当に無駄だったと受け止めてじゃあ今度無駄にしないように動こうとする見方がもっと成長につながるのではないか?と思う。それにマイナスな事に「楽観視」するのは「甘い」と思う。ビジネスや稼ぐという世界においてはっきりいって「楽観視」は捨てた方がいいとボクは思う。なぜか?楽観視ではそこまで儲からないしリアルに物事を見られなくなるからだ。

正しく努力する事が「最強の時間の短縮」につながる。本当に無駄な努力を避ける為に正しく稼ぐ為の「情報収入」に時間を裂くべきだという事ではないのか? その例の動画を見たい人はー>https://www.youtube.com/watch?v=1VAA2jJz-EE&list=PLShpDsqGTy3NRUXvK7Va54zTk0cRVaS6y


posted by 世界放浪異端児BS at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドセット(思考) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。