2014年04月15日

中国まんじゅうの秘密

中国シンセンの街を歩いている時お腹が空いたので目の前にあったまんじゅうチェーン店でまんじゅうを1個買って食べた。その時「あっ!!」と気づいた事があった。
2014-04-14 20.47.19.jpg


何気なく食べたこのまんじゅうは「1個1元」で売られているのだ。しかも種類は豊富で味もいける。良く考えたらこれくらいのサイズのまんじゅうなら1食につき5個のまんじゅうで生きていける。つまり1日3食で合計15個のまんじゅうを買えば生きられる。単純計算をしていくと今のレートで1元は日本円にすると16円。それで考えて1ヶ月の食費をわりだすと1440円。

え??1ヶ月1440円の食費??  


 これは貴重価値の高い情報だと思った。今あなたがこれをなんとなく読んでいるのならラッキーだ。こんな世界があるという事を気づけただけでも得をしている。なぜなら。。。1ヶ月の食費1440円で済ませられる世界で生存していける事を知ったのなら
「年間で約1万8千円の不労所得」を発生する事さえ出来ればあなたは中国で一生仕事せずとも食べ物には困らないという事だ。まあこれは極論だが。「可能」だという話だ。


2014-04-14 20.47.33.jpg
そしてこれが1個1元まんじゅうチェーン店だ!!


 この記事を見てまさか「おお!」わたしも中国の「シンセン」に行こう!などと中国の「シンセン」という場所だけにこだわらなくていい。このまんじゅうチェーン店はおそらくシンセンだけじゃなくて中国国内にもあるはずだし1元1個の他の食べ物がまんじゅう以外にもあるはずだ。ただ生存は間違いなくできる。だから例え日本で経済的に最悪な状況でも残りのお金を持って中国にくれば1年間1万7280円で浮浪者生活をすれば生きて行けるwww だからボクは言いたい。日本で生きる気力をなくした人はとりあえず全てのお金を持って中国へ行け!!とwww





posted by 世界放浪異端児BS at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国シンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。