2014年04月07日

結婚相手の正しい選び方


 そんな「正しい選び方」なんてものあるのか?と思うかもしれないがボクはあると思っている。これをはじめのうちにちゃんとした判断基準をもっておかないと後で「離婚」する可能性が高まるからだ。まだ結婚していない人は次の2つの要素を取り入れるべきだと思う。

1。自分が相手を好きである事。
(相手がいい人だからとかその人に対して責任があるという理由で結婚したら後で離婚してしまう可能性が高くなる。それは結局「結婚相手」はその人じゃなきゃダメだという好き感情がない為にその人よりもいい人が出て来たら情が簡単にうつってしまったりするしその人と一緒にいる「意義」をそこまで見いだせなくなる為だ。)

2。いろんな面で自分のレベルに近い人。
(価値観、経済能力、情緒能力、自立度)このレベルがずれているとお互いに精神的、物理的苦労をする事になる。つまりレベルが高い人はレベルの低い人をサポートするのに大きな負担がかかるしレベルの低い人はその高い人に合わせなきゃいけない為にしんどくなる。これはどっちが悪いというわけではなくレベルの違いから生じる苦痛だ。この苦痛に見合うだけ相手の事を好きじゃないと全く割に合わないし年を追うごとに「苦痛」が蓄積して離婚する可能性は高くなる。


 簡単ではないか?たったこの2つだ。しかし多くの人がこの2つの要素を考えず「状況の流れ」の中でさっさと結婚してしまう。ボクは言いたい。。。「状況の流れ」ほど危険な結婚はない。とりあえずこの2つの要素をもって結婚相手を選んだなら結婚相手の選び方としてはまず間違っていない。あとは2人が将来おこりゆる変化にどう対処するかにかかっている。



posted by 世界放浪異端児BS at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドセット(思考) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。