2014年03月31日

長所と短所について


 誰にでも長所と短所があります。短所を改善するのに力を入れるより長所に力を入れた方が効率がいいというのはきいた事があると思います。。しかし覚えていて欲しいのが「目立ちすぎる短所」というのは絶対にほったらかしにしてはいけません。目立ちすぎる短所というのは最低ギリギリ普通レベルまで直す必要があります。

  目立ちすぎる短所というのは気づかないうちに周りの人に迷惑をかけていたり自分が損をしていたりするから早く直すべきです。例えば「短気」とかは良い例ですね。ちょっと気にさわったらところかまわず怒ってしまうというのは非常に目立ってしまう短所なので直す必要があります。

  誰も短気の人とはそんなに仲良くなれないですよね?というか短気というのは周りの人を一種の緊張状態にさせてしまうので人によってはものすごく敬遠されるし「あの人のそばに一生近寄りたくない!」と思われてしまうかもしれません。なので他の人によく言われてしまう事っていうのはあなたの短所なのでそういうのは早く気づき早く改善するような「工夫」をするべきです。

  例えば「短気」の人なら、何か怒りそうな事があったら30分は「優しい声で話をする」「ゆっくり行動する」というのを決めておきます。そしてそれが出来た時にノートに記録していく。これを繰り返す事によって怒る場面があっても人に迷惑をかけることはありませんよね?なのでこれは訓練です。

  短所というのはなかなか直らないものです。だから短所というのは意識的に直さないと死ぬ迄あなたにつきまといます。なので「工夫」をして「訓練」をすることです。これは仕事においてもビジネス関係においても友人関係においても考えるべき重要な事だと私は思っています。




posted by 世界放浪異端児BS at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドセット(思考) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。