2014年03月21日

何かを成し遂げる事の重要さ


 ボクは4年かけて借金50万円から総資産500万円という壁を最近やっと乗り越えられました。これはこの4年間ボクがどうしても成し遂げたかったものでした。でもこれが今回初めて成し遂げた事ではありません。今迄ほかにも成し遂げたい事がありそれを成し遂げた経験があります。例えば。。。

1。フィリピン、マレーシア、シンガポール、ベトナム旅行
2。ベトナム現地でのベトナム証券口座の開設
3。香港現地での証券口座開設
4。本をいつのいつまでに読み終える
5。半年間毎週3回ジムへ行く
6。ダイエットの為に3ヶ月間夜はスープ類だけ飲む
7。タイ語留学
8。Toeic850突破
9。座布団の両手回し
10。口で唾風船を作って飛ばす
11。ビートボックスである程度まで出来るようになる


 などあげたらきりがないぐらいです。どれもこれも計画性がありノートなどに記録していたし「絶対にやる!」と思っていたから全部成し遂げられたのだと思います。まあ今考えたらなんて無駄な事に一生懸命だったんだろうかなどと思うものもありますがボクの強さはどこにあるかというと成し遂げてみせる!!とおもった事はほとんど出来てしまっているという事です。

  1つの事が成し遂げられればまた別の事に挑戦できます。そしてやればやる程それがいつの間に自信になってなんでもこなせるようになります。だから本当は成し遂げた後でもずっと役に立つようなものを選んで挑戦するといいです。例えば「ビートボックス」は今でも役に立っています。1人で気晴らしをしたい時などどこでも楽しんで口で「ブースカブースカ」ビートを奏でています。変な人に思われるので人の前では全然やりませんがw

  「座布団回し」などほとんど使わないのに時間をかけ過ぎだと今は思っています。あと基本的に座布団がないと座布団回しはできないのでどこでも出来るものではないですよね?仮に今座布団があったとしても今ではあまり人にパフォーマンスして見せようとも思わないし暇な時1人で座布団回しをやろうとは思わないです。というか座布団は重くて指に結構負担がかかりますからw

   なので何かを成し遂げる前に成し遂げた後でも永続的に役に立つのか?などを見極めてからやり始めた方がいいです。1番最悪なのは「こんだけ一生懸命やって時間もお金もかけたのに今ではなんの役にも立っていない」というパターンなので確実に避けましょう。





posted by 世界放浪異端児BS at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 成し遂げる重要性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。