2014年03月19日

「行動する」事ってどれくらい大事なのか?


 「行動」する事がどれくらい大事なのか?という事だが、「行動」なしには何も生まれないからものすごく重要なのだ。どうして「行動」がこんなにも重視されるのか?それは大人になるにつれて色々マイナスなイメージを考えやすくなってしまうから行動が止まってしまうのだ。

  大人になるにつれて「安全」「安心」「安定」を求める楽な方向へ走っていってしまう。ただ勘違いしないでほしいのはむやみあたら行動してはいけないという事だ。もちろん多少考えた上で行動するべきだと思うし何も考えずにとにかく行動ということではない。

パターン1 戦略をねって行動する

パターン2 なんとなくやってみる


 この差は大きい。もちろんパターン1でやるべきだ。パターン2のなんとなくやってみるのは「いきあたりばったり方式」だ。それでは失敗する確立は高くなるし本当にやりたいものなのかさえも分かっていない。よく「何も考えずにまずは行動だ!」という人がいるがそれははっきりいうが言い方が完全に間違っている。考えるべき事は最初に考えないといけない。こういう言い方の方が正しい。。。

  「失敗する事を考え過ぎす、戦略をたててまずはやってみる

  行動する前にまず考えるのは当然の事だ。何も考えずにとりあえずやって失敗するのは小学生のやる事だ。その違いをはっきりと分かって欲しい。何を求めているのか、何をやるべきなのかをはっきりふまえた上で行動しないと「なんとなくやっている状態」というのは多くの時間を無駄にする可能性があるのだ。そして行動する上で大事なのは。。。

   「ターゲットを絞り込め!!」

 という事だ。あれもこれもやろうとして何をターゲットにしてるか分からず無意識に動いてしまっていないだろうか?と自分にきかないといけない。もう直に目的地を目指すのことだ。まがり道や遠回りせず一気にターゲットに向かっていく感じだ。だから戦略ー>行動 ターゲットを絞るー>行動といったイメージがないといけない。
   


posted by 世界放浪異端児BS at 23:49| Comment(0) | 行動を起こす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。