2014年03月17日

人生のどん底にあった29歳の冬からのスタート


 ちょっと少し1番最初のお金の事に目覚めた頃を振り返ってみようと思う。あれは日本の埼玉県のとあるアパートの中で金欠状態に陥り寒さでどうしようかと震えていた。ほとんど放心状態で布団にくるまっていたのを今でもはっきりと覚えている。なんでこういうはめにあわなきゃいけないんだ?と。。。

 定職につけず結局友人から30万円を借りた。。。。そしてそれも尽きかけの頃親から20万円借りた。。。
その親との連絡の中でこういう会話があった。。。

母「あんたなんでバイトしないの?」

自分「いや、、、バイトはダメでしょう、、誰でも出来るし、、収入なんて安定しないし」

母「あんた何言ってんの?そんな事言っている場合じゃないでしょう、お金足りないんだったらバイト
  いくつかかけもってでもやればいいじゃない。あんたわたしの若い頃なんか。。。。」

 おいおいあんたの話はきーてねーよ。と思っていたが、、もう本当にそれしかないと思った。これはおとなしく母の言う通りバイトをかけもつかと。。それで頑張ってバイト先を捜し2つのバイトを掛け持つ事になった。それでなんとか生活をつないでいった。そしてバイトをしているうちに少しずつだがお金が出来て来た。少しずつ生活に余裕が出て来ていると同時に痛烈に思った事があった。。。

  「もう一生絶対こんな状態にはならないぞ」

と。。。もうこれはある種のトラウマ。。。ある種の恐怖観念。。。お金がなくなり友人や親から借金するまで落ちたとはどんな状態なのかを実体験した辛い思い出。だからこそ自分を変えようと思った。今の状況を変えなくてはいけない。2度とこの経済状態にならないように人生を送らなくてはいけないと痛烈に思った。そんな金欠状態に青ざめていた29歳だったがまさにそれこそが人生のターニングポイントだった。

  



posted by 世界放浪異端児BS at 21:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 総資産500万円突破 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
内容が、面白いですね☆
お会いして、話を聞いてみたい方だなーと思いました✺◟(∗❛ัᴗ❛ั∗)◞✺
私は、レンタルビジネス代理店オーナーをしております。
Posted by タカエス at 2016年09月13日 08:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。